両親から学ぶ人生論

わたしは両親を

この上なく尊敬しています。

母は、

人生の目的が明確で

軸が全くブレない人で。

常に相手を尊重する

とってもあったかい人です。

でも決して流されることなく

「人は違う」ということ

そしてそれぞれに「生きる目的」があること

自分は家族が一番大事だということを

わかっていて

全てにおいてブレない。

一方、父は

「こんな人いるのか?」

というくらい自由奔放で

それこそ

「内なる声」に

1ミリたりとも逆らわず

忠実に従って生きてきた人。苦笑

「違う」と思えば

すぐ会社を辞め次の目的を探し始める

付き合いたい人としか付き合わない

一級建築士なので

自分の好きなように仕事をしても

困らないと思っていたようですが

母は本当に困っていました。笑

でも、母は

父が自由にしか生きられないということを

知っていて

父が自由に放浪してお金がないときも

何も言わず

まだ幼い妹とわたしを

なんの不自由なく

育ててくれました。

全く違うふたりですが

この組み合わせこそが

まさに学ぶべき組み合わせだと思うのです。

お互いが自分を主張しあっていたら

たちまち離婚だっただろうと思うふたり。

お互いが全く異なる人間だと

認め合っていて

お互いがその違いを受容し

尊重しているからこそ

パズルがぴったり合わさるように

今があるのだと

両親を見ていて思います。

自由に生きるには

支えてくれる家族や仲間に対し

「尊敬」と「思いやり」が

本当に本当に大事ですね。

言葉だけではなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です