パズルのピースが揃うということ

 

目の前にいる人から

溢れ出る全ての言葉と想いは

パズルのピースに似ている。

 

その、ひとつ、ひとつ

バラバラになったピースを

一つ残らず全て拾い集めて

キレイにカタチにしていき

 

「こんな絵が現れましたが、探していたのはこの絵ですか?」

と、問いかける。

 

並べていると

時に、ボロボロになって

もう使えなさそうなピースが出てきたり

出来上がったあとに

ぽっかり空いた部分が見つかり

ピースが足りないことに

気づいたりする。

 

そんな時は

「ボロボロですがどうしますか?」

「ここ、ピースがひとつ足りないですね」

などと声をかける。

 

そして

ほとんどの人は

出てきた絵を観て

感嘆の声を上げたり

涙を流したりするんだ。

 

ずっと探していたものが

目の前に現れるからだろう。

 

わたしはその瞬間

心が震える。

 

この仕事を始めてよかったと

心から思う。

 

そこに現れる絵は

まだ原石で不恰好かもしれない

 

でも

心の奥底にあるその人の生きる源に

間違いないからだ。

 

・・・

 

願いは願ったら叶う。

 

だから

まだ気づいていないその願いに気付いてほしいな

と思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です